北山担にリア恋が多い理由

 

リ ア 恋 を 考 え て み る

 

Step1

そもそもリア恋とはなんなのか?
すきなひと = 北山宏光
私はこれにつきると思っている。だいぶ恥ずかしいけど。
 
Step2
リア恋枠とは違うのか?
違うと思います。私の捉えるリア恋枠は自担ありきの、他にリア恋枠が存在することです。よく見かけるのは玉森担のリア恋枠北山くん。あと宮田担の子に教えてもらったのは横尾担のリア恋枠宮田くん。
 
私がよく出会うのはstep1で最初に紹介したリア恋の方。もうねっとり北山担でねっとりリア恋こじらせ隊って感じ。(笑)個人担の人も多い気がする。
 
とにかく北山くんに一途な私達みっ担。みっ担さんはツイートもいつもねっとりしていてだいすき。こじらせる時はこじらせるし、ナニキタの笑い声一つで私達も「あっあっあっ」と笑顔になってしまう。
 
リア恋ってなに?????
 
昨日のカニ騒動を受けてずっと考えていた。リア恋をやめるか、、、
でもそんなのやっぱ無理で、リア恋をやめる=ファンをやめることになる。
ん?待てよ、TLめちゃくちゃ荒れてたけど、みーーーんなリア恋なのか?んーーーーーー。
 
ここで私はファンとリア恋の境目が分からなくなった。
でも、思うに、自担の女関係の話はリア恋じゃなくっても悲しいと思う。やっぱり。他担でもまあショックだし。他Gでも部外者ながらショックだし。
 
ここでひとつの考えが浮上。
Step3
ファン=リア恋????
でもそれは違うっていうツッコミをしたくなる方も多くいるでしょう。
ここでリア恋の症状についてみていきたいと思います。(本当に病名みたい…)
 
Step4
こじらせるとはなにか?
まずこじらせの原因といえば<スキャンダル>。
こじらせる、という表現であっているか定かではありませんが、これを機に担降りしてしまう方もいるくらい。
"彼女が存在したこと" "相手の女性" "バレ方・スクープのされ方"…
さまざまな理由で、自担に失望してしまいます。
"だれのものでもいてほしくなかった"というのがアイドルファンの本音です。
このスキャンダルはどの担当が多いとかは一概に言えません。
 
しかし、我々北山担にはもうひとつのこじらせの理由<キスマイBUSAIKU!?の存在>があります。
 
ちょっと待てーーーーーーーい(と言って他の6人の担当様は飛び蹴りをするところです)
キスマイBUSAIKU!?なら別に北山担に限ったことじゃないじゃない!!!!!と思いますよね。
 
そうなんです、でもですね?
この番組北山担は特に、こじらせると思うんですよ。
北山くんって表面的なカッコイイ!じゃなくて内面からグツグツ湧いてくる北山くんのかっこよさが溢れ出ちゃってるじゃないですか?!!! (他のメンバーが表面的なかっこよさしかないといっているわけではないです。気分を害したらごめんなさい。) 
 
人間的魅力。あー、爆モテ北山先輩だァーーーーーーーーーーー。
という日が何回もあるじゃないですか!!!!!?!!
 
女いるんだろうなあ、と感じさせる北山くん。
大人な宏光の対応に息が詰まる回。いままでの北山先輩の経験値を感じてしまったりと。
 
 
そして第3に<ナニキタ>
これが恐怖案件。最近は落ち着いたけど彼女を感じさせるような料理の話にみっ担は白目を戻せなかったと思います。
この世に、北山くんに和食を作り、あの笑顔でおいしい♡といわれる女と、10分しか北山くんにラジオ越しでしかお話してもらえない私たちとでは、基本的人権尊重されてると思います???!違憲状態ですよ!!!!
 
彼女がいることをわざとらしく匂わせる北山くん。
深読みを始め、しばらく、F○RM恐怖症になったりもする。。
その度にねっとり北山担は苦しんで、「もうやだ!つらい!!」「抱き捨てでいいから抱いてよ!」って言ってこじらせまくり、翌朝には元気に「みったん今日もかわいいね〜♡」とケロッとしてます(笑)
もうね愛おしい!!!!!!
みっ担さんちょーーーーすき♡(私が言うとばかっぽい)
こうやってこじらせる機会がやっぱ多いと思うけど、一緒にこじらせるのが楽しいんですよね。私は。
 
 
長々と書いたけど、
なにもリア恋って自らをくくる必要ないのかなあって思ってきた。
北山担はこじらせるシーンが多いと思うから、"リア恋だなぁ自分" "もうやだなぁ" "いい加減普通に応援したいなあ" って自分に気持ち悪さを感じながらも、ねっとりし続けて。
でも、それは北山くんの魅力を最大限感じている証拠だと思えたきたから。
だから本当はファンと変わらないのだと思えてきて。飛躍してるかもしれないけど。
北山くんをすきな気持ちって、グループを引っ張る男らしさだったり、努力を惜しまないことへの尊敬であったり、パフォーマンスで魅せてくれるかっこよさや、おちゃめさだったり……書けば無限だけど、ただ、すきなだけ。ただ、愛しちゃってるだけ。
(あ~~~~~、愛してるとかいうから重くなっちゃったよ!)
でも、本当に普通すきなだけ。
すきなひとの素が垣間見えるのは嬉しいようで、少し怖い。
すきなひとのすきなひとがみえることは、もっともっと怖い。
心理学でいう対象喪失と同じものだと思う。世間も福山ロスにかなりなったように。
寝る前も、朝起きた時も、つらいときも、楽しい時も思い浮かべていた、いつも光を与えてくれていた人なら当たり前。
リア恋っていうと、もっと苦しくなる気がする。北山くんの光を浴びていたいだけ。それだけなんだ。

担降りしました。2015.12.27

タイトルを入力して、担降りって漢字変換されるようになるなんて、私のパソコンも優秀になったね。そんなことを思いながら、いまの気持ちを書き留めることにする。

2015年12月27日をもちまして、櫻井翔くんから正式に担降り致します。

正式ってなんやねん・・・てかお前どう見ても北山担でしょ・・・

というツッコミが各テレビ局の記者の方から届いておりますので、いまから話します。というか、自分自身が思い出したいだけなのですよね。

 

私は360度どこからどう見ても北山担であります。北山くんのことを好きになる前は、嵐櫻井翔くんの大ファンだった。翔くんと北山くんの掛けもちをしてたわけではない。北山くんを好きになったときは、もう翔くんから気持ちは離れていた。じゃあなぜこのタイミングで櫻井翔の担降りを宣言する必要があったのか、またマスコミ各所から問い合わせが殺到しております。

それは自分自身でもよくわからないけれど、北山くんのことを毎日愛で続けたけれど、たまにしょ(※当方、櫻井くんのことを しょ と呼んでます)を思い出していて、完全に忘れられずにいた。いつも心にしょがいて。だから私は、12月27日、この日を持って完全に、正式に担降りすることに決めた。

そう、何を隠そう japonism tour final行ってきました。

 

と、書くはずだった。 

ここまでは、クリスマスにスカイツリーに(一人でみったんが飲んだホットカルーアミルクを飲みに)行ったあとるんるんで下書きで書いていた。2日後の担降り記念日を前に担降りに気持ちを持っていっていた。そして、27日のLIVE後、この続きを書こうと思ってた。

でもだめだった……(超小声)

結論から言って、担降り出来なかった。こう思ってしまった。

櫻井翔すきだーーー” 

今日しょにお別れをしなくちゃって気持ちで向かった。それなのに、オープニングで大泣きしてた。訳わからなかった。なぜ泣いてる?なんで?わたしはその時なんで?って呟いてたと思う。今日はアリーナのセンステの真横の席で、有り得ないほどに近かった。初めてしょって生きてるんだって実感した。いままでも思ったことはあったけれど、こんなに実感したのは初めてだった。最初の方は、あんなに憧れてたしょにやっと会えて、でも、遅いよ、担降りを決めたタイミングでこんなに近くに来てくれるなんて。ずるい、って思ってた。でも、途中からなんでこの人とお別れしようとしてるんだろ?って分からなくなってきた。

 

北山くんのことを好きになったとき、しょへの気持ちはどこに行くの?ってすごく動揺した。そのときはもうしょへの冷めてたのにね。北山くんを好きになった途端に思い出した。それからは、掛け持ちを目指した。だけど、無理だった。どんどんどんどん北山くんを好きになってしまったから。翔くんが入るスペースなんて正直1ミリもなかった。

だけど、デジタリアンのDVDを見たとき、また翔くんのことを考えていた。切ない表情で tell me why を歌う翔くん。まるで私へ「なんで北山のことすきになったの?」って言ってるみたい。そんな風に思った。(私気持ち悪いんです、すみません。)

またしょのことを少しずつ考える日々が続いた。だけど、素直に“すき”と思えなかった。忘れちゃいけないひとだって強く感じてた。でも日に日に北山くんへの気持ちがどんどん強くなってしまって。9月になるとキスマイワールドへ行って、わたしの心は100%北山くんになった。キスマイのコンサートに初めて行って思ったのは「嵐とは全然違う」ということ。その意味は、キスマイの方がいいLIVEをしてると思った、そのときは。でもそれは違った。

しょから北山くんへ気持ちがうつった時友達にめちゃくちゃ言われた。

「なんで翔くんから北山に

降りたの?」って。それがめちゃくちゃ嫌だった。担降りって言葉はただ担当をやめること以外に、担当替えの意味もある。私の場合は後者で使われた。この質問をしてきた人達が明らかに北山くんを下に見てる気がしてすごく嫌だった。それで私は「北山くんは翔くんよりも表現力があるんだよ」、とか翔くんの悪いところを言ってた。いまでは思う。「この2人は違う魅力を持ってるんだよ」って言えばよかったんだ、って。多分このときはもう嵐を追いかけることに疲れてしまっていた。嵐は大きくなりすぎて、あまりに遠くに行ってしまった気がした。まあそんなに昔から好きなわけでもなく新規だからそんなこと言う資格ないんだけど。

 

とにかく私は北山くんのことをバカにする人が嫌で、翔くんは上みたいな扱いに凄くもやもやしていた。翔くんよりも、北山くんの方が上なんだぞ、素敵なんだぞって見せつけたいって心のどこかで思っていた。いつからか、翔くん、嵐に対して負の感情を抱くようになっていた。それに反して北山くんのことは毎日毎日好きになっていた。嵐や翔くんを否定する日々が続いて、だけど、いつもどこかで気にしていて。

「担降り」してる状態なのに、どうしても「担降り」は認められなかった。

そう思っていた時に今回のjaponismに当たった。しかもオーラス。なんでこんな冷めたときに当たるのって思ったけど、嵐のオーラスなんて一生行けないかもしれないって思ったし、気付いたら私の最後の嵐コンサートは終わっていたなんて悲しすぎると思いました。そして、ここで担降りしようと決めた。相当な覚悟を決めて行った。前日はほぼ寝れなかったのは自分でも驚いた。 

それなのにだよ!!!!!!あっという間に引き戻されてしまった。冷めていた時間は大学受験時代も入れるとかなり長いはずなのに、そんなことなにも無かったかのように、だいすきだった時代の記憶が一気に蘇った。

翔くんのソロは本当に感動した。何日か前のレポで、翔くんがスティックの演出を失敗して落としてしまった。そのことを挨拶で“今日はスティック落としてしまいすみませんでした。そのとき笑い声が聞こえました。僕はいいんです。そういう楽しみ方をする人がいることは分かっているので。ただ少年少女、ひとの努力を笑う人にはなってほしくない(ニュアンス)”

私はこれを読んだとき「北山くんならそんなこと言わないんじゃないかなあ」って思ったし、挨拶でこれを言うって、相当疲れちゃってるだろうし、追いつめられてるんじゃないかってかなり不安になった。正直いいイメージは持てなかった。

だけど、今日、実際のパフォーマンスを見て、本当に頑張ってやったんだなってことが伝わってきて胸が熱くなった。翔くんすごい緊張したような顔していて、だけど、力強くて、見ていてドキドキした。本当にかっこよかった。挨拶でも「ソロが終わって戻ると、ドラムの先生達が目を赤くしていました。」って言っていて、忙しいなか、本当に頑張ったのが伝わってきて、数日前の挨拶の真意がそこでやっと理解できた。Twitterは便利だけど、文字だけでは伝わらないものがあると実感した。本当にセンステの近くの表情まで見える席でよかった。

いまさらだけど、遠回りしたけど、やっっっっっと気付いた。

翔くんは頑張っている、嵐は頑張っている。

ソロだって普通に歌って、チャチャっと踊ってもファンはキャーキャー言うし、満足する。それなのに、嵐はその上をくる。予想を遥かにこえる。

どんどん人気になっても決して手を抜かない。5人ともこれでもかっていうくらい深いお辞儀をする。翔くんはいつも、会場全体を見てくれている。肩外れちゃうんじゃないのってくらい両手で大きく手を振る。

私は、嫌なところ探しをしていた。でも、違う。素晴らしい魅力であふれている。また、気づかせてくれてありがとう。

不器用だから掛け持ちは出来ないなんて自分で勝手に決めていたけど、もう自分のこころに嘘はつけない。翔くんがすき。すき。翔くんを好きになったきっかけが夢に出てきたなんて笑えるよね?でも、あのとき夢に出てきてくれたから翔くんに出会えたし、ジャニーズという存在に出会えた。翔くんを好きにならなかったら北山くんも好きになれなかったと思う。最高の出会いをありがとう翔くん、だいすき。もちろん北山くんもすき、だいすき。いままでの私みたいにどっちのがすき、とか考える必要って実はあまりない。ただ、しょと北山くんがすき、という事実だけ。

 

こんなしあわせな日が来るなんて。


今日は私にとって大切な記念日になりました。
生まれてはじめて自担に遭遇した日です。
こんなにしあわせなことって
本当に起こるんだって思いました。
昨日ブログ書いたばっかだけど、
今日書かなくていつ書くんだって話なので、今日も書きます。
この想いをどうしても忘れたくないから。

*********

今日は授業が午後からだったので、
午前中に原宿の闇ショに行って、
名古屋のハロウィンキスマイちゃん
北山魔法使い、タカシパンプキン、
おたいぴ狼、藤北(あれば…)
を迎えに行く予定でした。

朝9時半頃家を出て
電車でTwitterを見ると、

「原宿にもしツアのみっくん」

え!!!!!!!!!!!
いま行くとこだけど!?!!!?

すぐにお腹痛くなりました。

う そ。うそ。みったん、いるの?
ものすごいドキドキしたのと同時に、
「でもどうせもういないんだろう」って
不安と諦めと悲しみがやってきた。

今までだって、シーパラでの目情あったとき
行ったけど会えなくて
超虚しい想いをしたり。

他Gだけど撮影現場に出くわして
少し見てたらスタッフに
めちゃくちゃ怒られたり。

はじめて行ったマーチングJでは
自担には会えなくて。

どれだけ虚しい想いをすれば、
気が済むんだろう、って。

だから今回も期待はしなかった。
だけど、めちゃくちゃドキドキしてた。

そうこう考えているうちに、
原宿についた。

すぐにロケバスを探した。
けど、ない、ない、ない…

やっぱもういないのか、
って諦めかけた瞬間にロケバスが見えた。

「う そ…」
って普通に声出してた。

急いで向かうと、もうバスの前に、
たくさん待ってる人がいて。

私もそこで待つことにした。
多分本当はだめなことなんだろうけど。
そんなことは分かってたけど。
そこで待つしか私には選択肢がなかった。
どうしても諦めきれなった。

少し待ってるうちに
すごいひとが集まってくる。

まだかなまだかなって
みんなそわそわしてくる。

そうしているとスタッフさんたちが
車に戻ってきた。

もう、そろそろ来るかな…?
ってドキドキしながら待っていると、
なんだか、すっごい不安になってきて。

そしたらスタッフさんたちに守られながら
北山くん登場。

めちゃくちゃ早足で駆け抜ける。

スタッフさんの「写真やめてくださーい」の声をよそに、
カシャカシャ、音が聞こえる。

私はもう、立ち尽くすしか出来なかった。
口に手を当てて、目の前を通り過ぎる北山くんを瞬きもせずただ見つめていた。

多分5秒もたたないうちに、
ロケバスに入っていった北山くん。

その間に「おはよ〜」って
ファンに声をかけてくれる優しさに
涙がぶわってあふれて。

ロケバス乗ったあともみんな
「きゃ〜かっこよかった〜!!!」
って言い合ってたけど、
私、一人で号泣。(重すぎ)

すぐに相方(増田担)に電話。
…出ない。。(笑)

ううう…どうしよううう…
って思ってとりあえずTwitterにつぶやく。

なんかもうふわふわしてて、
ちゃんと歩けなくて(重症)
近くのベンチに座る。

必死でどきどきを抑えようとするけど、
もう全然止まらなくて。

手足の力がちゃんと入らず。
呼吸が明らかに浅い。
「北山くんが前を通った」という事実が
本当なのかわからなくて。

でもこの感情を忘れたくなくって、
Twitterに必死につぶやいた。

そしたらすぐにふぁぼと、りぷをくれるフォロワー様。

もう…、優しすぎるって…
自分の好きな人が他の人と遭遇してるって、
素直に喜べるものでもないのに、
よかったね!って一緒になって喜んでくれるお友達。
泣けてくるよ。

暖かい優しさに、感動しました。

そうしてるうちに相方からLINE。
この子も私のことなのに
めちゃくちゃ喜んでくれて。

増田担の彼女は、ついこの間
増田さんの目情が出て、
わりとすぐそこに行ったのに会えなくて、
悲しい想いをしていて。

私に「勇気をもらったよ!」なんて
声をかけてくれて、
なんて素敵な相方をもったんだろう、って思いました。

NEWSさんとキスマイちゃんで
なんで相方なの?って感じですが、
元々は2人とも嵐ファンだったところから
それぞれ別のグループに担降りしました。

グループは違っても、
自担を想う気持ちはみんな一緒。

ジャニヲタってステキだ。

本当に相方も、フォロワー様も
みんなだいすきです。


今日はじめて
だいすきでたまらない北山くんに会えて、
もっと好きになっちゃいました。

テレビやLIVEで見る北山くんは
いつだって笑顔でキラキラしていて。
だけど、今日の北山くんは少しだけ、
本当の北山くんが見れた気がして。

スタッフさんに守られながら、
バスに乗り込む北山くん。
なんかもうすごく、アイドルで。

アイドルであることなんて知ってたけど、
なんていうか、本当に届かないひと。
違う世界を生きるひと。

それを痛感して、ちくり、と
ほんの一瞬だけ、胸が痛んだ。

だけど、北山くんは、
ファンに寄り添ってくれる。

「おはよ〜」
って言う北山くんが、
すきで、すきで仕方なかったよ。

車までの移動でも、
こんなに人が集まっちゃう北山くん。

本当に大変なお仕事なんだな、って。
TVで見せる笑顔だけじゃなくて、
いろんな大変なことを背負って、
仕事してくれてるんだなあって。

大変なお仕事なのに、
いつも笑顔を届けてくれてありがとう。

北山くんのこと好きになってよかった。

北山くんのことを好きになって、
プラスなことしか起きてない気がする。

確かにつらいこともあったけど、
北山くんが教えてくれたこと
たくさんあるから頑張れるし、
北山くんの存在がいてくれるから、
踏ん張ろう、と思えた。

北山くんだいすき。
一生ついていかせてほしい。

重いけど(笑)
なんか、このひとについていきたいって、
めちゃくちゃ感じた、
そんな遭遇記念日。2015.11.04.

しあわせ、ありがとう。


リア恋なりの不器用な想い方。


シーパラに行って虚しい思いをしてから、
このブログを書いてなかった。
けど。
書きたい感情がまた生まれてしまった。
140字じゃ収まらないこと。

今回のテーマは(ドドン!)
"リア恋" について。
私なりの考えをまとめてみます。

まず本気愛とリア恋の違いってなんだろう〜って話を軽く。
私は櫻井翔くんに本気愛でした
(そこのあなた、痛いって声聞こえてますよ〜)
そのときは、本気でいつか結ばれると、思ってた。
衝撃ですよね。
でも本当に、いつか叶うと思ってました。

そんでもって、リア恋は、北山くん。
ただ好き。ひたすら好き。
どうしようもならないのはわかったうえで、すき。

本気愛とリア恋の違いは年齢的な部分もあるのかなあ。
本気愛は中高生でリア恋は大学生、社会人ってイメージ。

* *******

そんでもって、本題。
北山くんへのリア恋問題。

なんかもうひたすらに好きなんだよね。
どうしようもないくらい。
リア恋枠のひとは、普段は普通の健全なファンの方と変わらないと思う。
でも、自担のリアルな彼女事情とかが垣間見えちゃったときとか、LIVEとかで改めて立場の違いを感じさせられたとき、とても虚しくなる。

届かないのは分かってたけど、って。

どこにもぶつけることの出来ない「すき」は募るだけ。
もうファンなんかやめちゃえばいいんだって、何度も何度もおもう。

昨日のキスブサ。
北山くんの経験値爆発圧倒的1位を
瞬きもせず、呼吸もする余裕もなく、見て。
北山くんは、いつだって、北山くんで。
どうしたって届かない距離感をまた教えてくれる。
「いま彼女のこと大切にしてるよ」って、顔に書いてあった。
そんな北山くんを見ちゃって。
北山くんがしあわせなら私もしあわせ♡
なんて、可愛いこと言えるファンじゃなくてごめんね。
重たいファンでごめんね。
現実見れなくてごめんね。
すきになってごめんね?

虚しくて切なくて、なんだか、失恋したみたいで。
いや、失恋もなにもないんだけど。

そんな時にリア友(非ヲタ)から
「今日の北山かっこよかったじゃん!!!!」
とかLINE来てて。
うっせーわ!ぼけ!
てか呼び捨てにすんなや!!!!!

と、取り乱すわたし、なんなの。

虚しくてTwitterでリア友のことを愚痴る。
リア恋枠のフォロワー様とお話して気を落ち着かせる。
お互い情緒不安定で「つらいね」「会いたいね」ばっかり(笑)

そんなこんなしてるうちに気付いたら寝てて。
朝起きたら、あれ、意外と元気かも。
一晩寝れば元気になれる単純な脳みそでよかったぁ。なんて思ってたけど。

TwitterでFORM聞いてダメージ受けてるひとをみて、
うっあぁ、やっぱ私もだめかも〜、、って不安になる。

さすがにFORM聞く勇気は無くて、
Jr.時代の動画を見てた。

その中の一つに、藤ヶ谷さんがいない「祈り」があって。

なんだか、ものたりないなって、めちゃくちゃ感じて。

その後に去年のグッサンを見たら、
めちゃくちゃ安心して気付いたら涙ぽたって落ちてて。

"この声きみに届いて 
いまこそちゃんと伝えたい
サヨナラよりアリガトウ 
心から言えるよ
出逢えてよかったよ"

このフレーズ、めちゃくちゃ心にきて。

ああ、北山くんと藤ヶ谷さんが守ってきてくれたキスマイがここにいるじゃないか。
この2人が引っ張ってきてくれて、
いまのキスマイがあるのかな。

キスマイは順風満帆なグループではなかったと新規ながらに思うけど、
それでも、いままでこんなに頑張ってくれたから、私にも出会わせてくれた。

最高の出会いです。

え、待って、リア恋の話と何が関係あるの?
てか、藤ヶ谷担なの?って話になってきちゃうんだけど。

そう。なんかもうね。
北山くんが彼女がいるかなんて、
そんなに問題じゃないのかもしれない。

ただ、北山くんがそこにいてくれて、
キスマイでいてくれたら、
もうそれだけで私はしあわせなのかなって。

リア恋に疲れて嫌になっちゃうこと
めちゃくちゃあるんだけど、(メンタル弱いので)

それでも、こんなに素敵な北山くん、
こんなに素敵なキスマイに出会えたことがもうしあわせなのかなあって。

北山くんのこと嫌いになれたらいいのにってよく言うけど、
いざ嫌いになったら、私の毎日は何が残るのかなって。
なにもない毎日に輝きをくれたのは、
ほかの誰でもなく北山くん。

"なにげない時の中に
だいじなものが詰まっていた"

この歌詞、私にとって、北山くんだよ。

だからやっぱり北山くんのこと嫌いになんてなれないよ。
大好きだもんなあ。

本当に北山くんは魅力から離してくれなくて
ずるいけど、そのずるさが、大好きなんだよね。


そしてもうひとつ。
最近めちゃくちゃ感じること。
北山くんがきっかけで出会えたお友達との出会い。
これは本当に宝物。

最初はネット上の関係なんて怖いなあ、って思ってたけど、
Twitterを通してヲタ仲間に出会えて。

同じことで喜んで楽しめて、
同じことで悔しがったり出来て、
お互いそれぞれの生活があるけど、
キスマイで繋がっていられる。

ヲタ垢はじめて間もないけど、
めちゃくちゃすきで大切なお友達が出来ました。
いつも絡んでくれる方、この場を借りて
本当にありがとう!だいすきです!
毎日支えられています。(重い)

そんなこんなでお豆腐メンタルの私は
すぐ病みますが、(笑)
北山くんのことを想う切なさよりも、
北山くんからもらうしあわせの方が、
ずっとずっと大きくって、
ヲタ仲間とお話する楽しさの方が、
ずっとずっと生きがいで。

いまとてもしあわせです。
(え、なんの話←)

ほんと。
なんの話してんのか、
自分でも良く分からないけど。

だけど、とにかく、
北山くんに出会えてよかった。

メンバーでさえ熱愛報道出ても、
私かなり落ち込むんだけど、
その時リア友に
「芸能人相手なのになんで落ち込むの?(笑)」
って言われたんだけど。

わたし思うんですよね。
好きな人に彼女が出来たとき、
泣く女子は同情されるのに、
相手が芸能人だと気持ち悪いのはなんでですか?

その気持ちが分からなくてもいい。
分かってもらえなくてもいいけど、
バカにされるのは違うと思うんだ。

リア恋は、普通の恋と変わらない。
「すき」な気持ちはしあわせをくれる。

すきだからこそ、すぐこじらせるけど、
すきだからこそ、すぐに笑顔にもなれる。

たくさん虚しい想いしても、
北山くんは一瞬でこころ持っていっちゃうんだ。

北山くんありがとう。
これからも北山くんのことをずっと好きでいられますように。
北山くんへの想いがずっと続きますように。

たまに悲しくなるけど、
ずっとあなたの味方でいられますように。
不器用なりの想い方、
これからも続けさせてください。





会いたいから、会いにいく、なにがきもい。

あ、どもども。ブログ始めました!

と言ってもそんな毎日は書いたりしません。(多分)

Twitterって140字っていうものすっごい短い尺の中で収めないといけないから、書きたいことすべては書けない。

だけど、忘れたくない気持ちは胸の中にたくさんある。

ということで、「忘れたくない、残しておきたい感情」だけ、このブログにおさめることにしました。


今日はじめたということは、今日も「残したい感情」があったわけで。


書きます。

「会いたいから、会いにいく、なにがきもい。」


今日は祝日なのに学校でした。

と言っても午前中で終わり。

1時過ぎに学校を出て、学校の最寄り駅でTwitterを開くと、


シーパラダイスに北山と二階堂」


いや、あの、息がつまりました。

体中寒気がして。

シーパラってわたし地元なんです。

めっちゃ近い!って訳ではないけど、子供の時とかは家族でいったりしました。

そんなところに、北山君が…

信じられなくて、Twitterで情報をさぐった。


だけど、その目情は午前中のもの。

いまもう13時過ぎで、まだ私は東京にいる。

もうだめだ。絶対いない。

そう思いつつも、行くか迷い始めてる自分がいた。


すぐに相方に相談すると

「行きなよ!!!!!!!!」

のひとこと。


そりゃ行くしかないよな。

もしかしたら、まだ、いるかもしれないもんね。

なぜか自信が出てきた私はシーパラに向かいました。


そしてシーパラにつくと、祝日ということもあって、人だらけ。


「いるわけないかあ…」

思わず声に出してしまった。

家族連れの子どもに「?」の顔で見られる。悲しい。


それでもシーパラの中の方へ足を早めた。

すぐににかちゃんの目情があったブルーホールに着いた。

目情の写真と照らし合わせて、にかちゃんがいたところと同じように写真を撮る。

f:id:jsm-red999:20151013021240j:image

にかちゃんは、もういないのに。

ここにいたのかあ、と不思議な気持ちになった。


そして、喫煙所を探した。

見つけられた限りの喫煙所に入って。

f:id:jsm-red999:20151013021210j:image

ここでにかちゃん煙草吸ってたんだね。って思うとなんかもう不思議で不思議で。

にかちゃんの残り香を感じたくて、思いっきり深呼吸したらタバコ臭くてむせた。当たり前ですね。


そんなこんなしてるとなんかだかお腹がすいてきて。

ソフトクリームとポテトフライを買った。

シーパラは海に面してるので、海岸近くのベンチでソフトクリームとポテトフライを食べた。

食べてるうちにもう16時を過ぎていた。夕焼けが少しずつ見えてきて、わたしを太陽が襲った。


まぶしい。


けれど、夕焼けよりも眩しかったのが周りの景色だった。

シーパラは、カップルや家族連れで賑わっている。

同年代のカップルがいちゃいちゃしてる訳ですよ。

こんなところで、1人で、なに食べてるんだろう。

なにやってるんだろう。

北山くんはもういないのに。

いないことなんて分かっていたのに。

なんて虚しいんだろう。


少しぼーっとしていたらアイスが溶けていた。


“こんな想いするなら、ジャニヲタなんかやめてやる。”


何度目だろう。

またそんなことを思って虚しくなっていた。


こういうとき、私はいつも自分の「気持ち悪さ」に凹む。

どうして、こんなに、好きなんだろう。

どうして、こんなに、追いかけてしまうんだろう。

どうして、こんなに、自分をコントロール出来ないんだろう。


波の音が優しかった。

青くて広い海。

どこまで行けば、北山くんに会える?f:id:jsm-red999:20151013021127j:image

でも、今日ここに北山くんがいた。

そしてわたしも今ここにいる。

それだけでいいじゃないか。


頑張ってそう思うようにしてバイトへ向かった。

帰りのホーム。

家族連れとカップルに囲まれる私はいまどんな顔をしてるだろう。

バイト中、色々なことを考えた。

なんでわたしはこんなに気持ち悪いのか。

会いたいから会いにいくって、LIVEのときは正当化されるのに、こういうことになるとなんでこんなにも気持ち悪いんだろう。

こんなに必死になってる自分が嫌で仕方なかった。

だけど、バイト先の主婦さん(嵐担)にそれを話したら、

「それがわたしたちの青春なんだよ」

「普通の恋となんら代わりのない、

ひとを大切に想う気持ちだから、

大切にしていいと思うよ。」

と言ってもらって、ちょっと泣きそうだった。

私は目情が出ると萎えてしまう傾向があって、それでいて今回は地元だったから。余計につらくて。

だけど、別に萎えることなんてない。

好きなことに誇りを持てばいい。

考えてみたら、いままでの人生で何年もこんなに好きになれた人いただろうか。

北山くんはまだまだ新規だけど、その前の櫻井さんは6年好きだった。(それでも全然新規だけど)

ここまでひとを好きになるって、宝物だよな。って、そんな風に思えました。

だからジャニヲタはバカにされやすいけど、これからは強気スタイルでいく。

キスブサのあなたの笑顔を見たら一瞬でまたこころを持ってかれちゃったよ。

これからも北山くんのこと全力で好きでいていいよね?

「会いたいから、会いにいく、何がきもい。」