会いたいから、会いにいく、なにがきもい。

あ、どもども。ブログ始めました!

と言ってもそんな毎日は書いたりしません。(多分)

Twitterって140字っていうものすっごい短い尺の中で収めないといけないから、書きたいことすべては書けない。

だけど、忘れたくない気持ちは胸の中にたくさんある。

ということで、「忘れたくない、残しておきたい感情」だけ、このブログにおさめることにしました。


今日はじめたということは、今日も「残したい感情」があったわけで。


書きます。

「会いたいから、会いにいく、なにがきもい。」


今日は祝日なのに学校でした。

と言っても午前中で終わり。

1時過ぎに学校を出て、学校の最寄り駅でTwitterを開くと、


シーパラダイスに北山と二階堂」


いや、あの、息がつまりました。

体中寒気がして。

シーパラってわたし地元なんです。

めっちゃ近い!って訳ではないけど、子供の時とかは家族でいったりしました。

そんなところに、北山君が…

信じられなくて、Twitterで情報をさぐった。


だけど、その目情は午前中のもの。

いまもう13時過ぎで、まだ私は東京にいる。

もうだめだ。絶対いない。

そう思いつつも、行くか迷い始めてる自分がいた。


すぐに相方に相談すると

「行きなよ!!!!!!!!」

のひとこと。


そりゃ行くしかないよな。

もしかしたら、まだ、いるかもしれないもんね。

なぜか自信が出てきた私はシーパラに向かいました。


そしてシーパラにつくと、祝日ということもあって、人だらけ。


「いるわけないかあ…」

思わず声に出してしまった。

家族連れの子どもに「?」の顔で見られる。悲しい。


それでもシーパラの中の方へ足を早めた。

すぐににかちゃんの目情があったブルーホールに着いた。

目情の写真と照らし合わせて、にかちゃんがいたところと同じように写真を撮る。

f:id:jsm-red999:20151013021240j:image

にかちゃんは、もういないのに。

ここにいたのかあ、と不思議な気持ちになった。


そして、喫煙所を探した。

見つけられた限りの喫煙所に入って。

f:id:jsm-red999:20151013021210j:image

ここでにかちゃん煙草吸ってたんだね。って思うとなんかもう不思議で不思議で。

にかちゃんの残り香を感じたくて、思いっきり深呼吸したらタバコ臭くてむせた。当たり前ですね。


そんなこんなしてるとなんかだかお腹がすいてきて。

ソフトクリームとポテトフライを買った。

シーパラは海に面してるので、海岸近くのベンチでソフトクリームとポテトフライを食べた。

食べてるうちにもう16時を過ぎていた。夕焼けが少しずつ見えてきて、わたしを太陽が襲った。


まぶしい。


けれど、夕焼けよりも眩しかったのが周りの景色だった。

シーパラは、カップルや家族連れで賑わっている。

同年代のカップルがいちゃいちゃしてる訳ですよ。

こんなところで、1人で、なに食べてるんだろう。

なにやってるんだろう。

北山くんはもういないのに。

いないことなんて分かっていたのに。

なんて虚しいんだろう。


少しぼーっとしていたらアイスが溶けていた。


“こんな想いするなら、ジャニヲタなんかやめてやる。”


何度目だろう。

またそんなことを思って虚しくなっていた。


こういうとき、私はいつも自分の「気持ち悪さ」に凹む。

どうして、こんなに、好きなんだろう。

どうして、こんなに、追いかけてしまうんだろう。

どうして、こんなに、自分をコントロール出来ないんだろう。


波の音が優しかった。

青くて広い海。

どこまで行けば、北山くんに会える?f:id:jsm-red999:20151013021127j:image

でも、今日ここに北山くんがいた。

そしてわたしも今ここにいる。

それだけでいいじゃないか。


頑張ってそう思うようにしてバイトへ向かった。

帰りのホーム。

家族連れとカップルに囲まれる私はいまどんな顔をしてるだろう。

バイト中、色々なことを考えた。

なんでわたしはこんなに気持ち悪いのか。

会いたいから会いにいくって、LIVEのときは正当化されるのに、こういうことになるとなんでこんなにも気持ち悪いんだろう。

こんなに必死になってる自分が嫌で仕方なかった。

だけど、バイト先の主婦さん(嵐担)にそれを話したら、

「それがわたしたちの青春なんだよ」

「普通の恋となんら代わりのない、

ひとを大切に想う気持ちだから、

大切にしていいと思うよ。」

と言ってもらって、ちょっと泣きそうだった。

私は目情が出ると萎えてしまう傾向があって、それでいて今回は地元だったから。余計につらくて。

だけど、別に萎えることなんてない。

好きなことに誇りを持てばいい。

考えてみたら、いままでの人生で何年もこんなに好きになれた人いただろうか。

北山くんはまだまだ新規だけど、その前の櫻井さんは6年好きだった。(それでも全然新規だけど)

ここまでひとを好きになるって、宝物だよな。って、そんな風に思えました。

だからジャニヲタはバカにされやすいけど、これからは強気スタイルでいく。

キスブサのあなたの笑顔を見たら一瞬でまたこころを持ってかれちゃったよ。

これからも北山くんのこと全力で好きでいていいよね?

「会いたいから、会いにいく、何がきもい。」