こんなしあわせな日が来るなんて。


今日は私にとって大切な記念日になりました。
生まれてはじめて自担に遭遇した日です。
こんなにしあわせなことって
本当に起こるんだって思いました。
昨日ブログ書いたばっかだけど、
今日書かなくていつ書くんだって話なので、今日も書きます。
この想いをどうしても忘れたくないから。

*********

今日は授業が午後からだったので、
午前中に原宿の闇ショに行って、
名古屋のハロウィンキスマイちゃん
北山魔法使い、タカシパンプキン、
おたいぴ狼、藤北(あれば…)
を迎えに行く予定でした。

朝9時半頃家を出て
電車でTwitterを見ると、

「原宿にもしツアのみっくん」

え!!!!!!!!!!!
いま行くとこだけど!?!!!?

すぐにお腹痛くなりました。

う そ。うそ。みったん、いるの?
ものすごいドキドキしたのと同時に、
「でもどうせもういないんだろう」って
不安と諦めと悲しみがやってきた。

今までだって、シーパラでの目情あったとき
行ったけど会えなくて
超虚しい想いをしたり。

他Gだけど撮影現場に出くわして
少し見てたらスタッフに
めちゃくちゃ怒られたり。

はじめて行ったマーチングJでは
自担には会えなくて。

どれだけ虚しい想いをすれば、
気が済むんだろう、って。

だから今回も期待はしなかった。
だけど、めちゃくちゃドキドキしてた。

そうこう考えているうちに、
原宿についた。

すぐにロケバスを探した。
けど、ない、ない、ない…

やっぱもういないのか、
って諦めかけた瞬間にロケバスが見えた。

「う そ…」
って普通に声出してた。

急いで向かうと、もうバスの前に、
たくさん待ってる人がいて。

私もそこで待つことにした。
多分本当はだめなことなんだろうけど。
そんなことは分かってたけど。
そこで待つしか私には選択肢がなかった。
どうしても諦めきれなった。

少し待ってるうちに
すごいひとが集まってくる。

まだかなまだかなって
みんなそわそわしてくる。

そうしているとスタッフさんたちが
車に戻ってきた。

もう、そろそろ来るかな…?
ってドキドキしながら待っていると、
なんだか、すっごい不安になってきて。

そしたらスタッフさんたちに守られながら
北山くん登場。

めちゃくちゃ早足で駆け抜ける。

スタッフさんの「写真やめてくださーい」の声をよそに、
カシャカシャ、音が聞こえる。

私はもう、立ち尽くすしか出来なかった。
口に手を当てて、目の前を通り過ぎる北山くんを瞬きもせずただ見つめていた。

多分5秒もたたないうちに、
ロケバスに入っていった北山くん。

その間に「おはよ〜」って
ファンに声をかけてくれる優しさに
涙がぶわってあふれて。

ロケバス乗ったあともみんな
「きゃ〜かっこよかった〜!!!」
って言い合ってたけど、
私、一人で号泣。(重すぎ)

すぐに相方(増田担)に電話。
…出ない。。(笑)

ううう…どうしよううう…
って思ってとりあえずTwitterにつぶやく。

なんかもうふわふわしてて、
ちゃんと歩けなくて(重症)
近くのベンチに座る。

必死でどきどきを抑えようとするけど、
もう全然止まらなくて。

手足の力がちゃんと入らず。
呼吸が明らかに浅い。
「北山くんが前を通った」という事実が
本当なのかわからなくて。

でもこの感情を忘れたくなくって、
Twitterに必死につぶやいた。

そしたらすぐにふぁぼと、りぷをくれるフォロワー様。

もう…、優しすぎるって…
自分の好きな人が他の人と遭遇してるって、
素直に喜べるものでもないのに、
よかったね!って一緒になって喜んでくれるお友達。
泣けてくるよ。

暖かい優しさに、感動しました。

そうしてるうちに相方からLINE。
この子も私のことなのに
めちゃくちゃ喜んでくれて。

増田担の彼女は、ついこの間
増田さんの目情が出て、
わりとすぐそこに行ったのに会えなくて、
悲しい想いをしていて。

私に「勇気をもらったよ!」なんて
声をかけてくれて、
なんて素敵な相方をもったんだろう、って思いました。

NEWSさんとキスマイちゃんで
なんで相方なの?って感じですが、
元々は2人とも嵐ファンだったところから
それぞれ別のグループに担降りしました。

グループは違っても、
自担を想う気持ちはみんな一緒。

ジャニヲタってステキだ。

本当に相方も、フォロワー様も
みんなだいすきです。


今日はじめて
だいすきでたまらない北山くんに会えて、
もっと好きになっちゃいました。

テレビやLIVEで見る北山くんは
いつだって笑顔でキラキラしていて。
だけど、今日の北山くんは少しだけ、
本当の北山くんが見れた気がして。

スタッフさんに守られながら、
バスに乗り込む北山くん。
なんかもうすごく、アイドルで。

アイドルであることなんて知ってたけど、
なんていうか、本当に届かないひと。
違う世界を生きるひと。

それを痛感して、ちくり、と
ほんの一瞬だけ、胸が痛んだ。

だけど、北山くんは、
ファンに寄り添ってくれる。

「おはよ〜」
って言う北山くんが、
すきで、すきで仕方なかったよ。

車までの移動でも、
こんなに人が集まっちゃう北山くん。

本当に大変なお仕事なんだな、って。
TVで見せる笑顔だけじゃなくて、
いろんな大変なことを背負って、
仕事してくれてるんだなあって。

大変なお仕事なのに、
いつも笑顔を届けてくれてありがとう。

北山くんのこと好きになってよかった。

北山くんのことを好きになって、
プラスなことしか起きてない気がする。

確かにつらいこともあったけど、
北山くんが教えてくれたこと
たくさんあるから頑張れるし、
北山くんの存在がいてくれるから、
踏ん張ろう、と思えた。

北山くんだいすき。
一生ついていかせてほしい。

重いけど(笑)
なんか、このひとについていきたいって、
めちゃくちゃ感じた、
そんな遭遇記念日。2015.11.04.

しあわせ、ありがとう。