読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛で溢れる、愛が溢れる、full of love


波の音が聞こえる。
海は人を開放的にさせる。気付けば、あなたのことを想っていた。いつだって愛おしいひと。

間奏部分でそんなことを感じる。波のように自由で。左右の耳から心へと、気持ちが動く。ほっとするのに、どきどきする。あなたのことを想うといつもそう。安心するのに、虚しいんだ。

いつの間に 雨は上がって 月と星が顔を出して
朝を待つほど 想う distance
同じ空 見てる? 君の中 僕はいる?
止まってない時間 迷い込んで
夜眠りにつく前、あなたのことを考えてる。窓の外を覗く。この空を、あなたも見てるのかな。どこにいるの?遠いよ。


眠れず 遠くに 滲んで見えた 朝焼けの空は 綺麗で
優しい ぬくもり 胸にこみあげ
確かなものを 探すため
あなたを想っていたら、いつの間にか朝になっていて。切ない気持ちとは真逆に、空が綺麗で。
あなたのぬくもりを思い出して、また切なくなる。触れたいよ。


親愛なる君へ 船を漕ぎ出して 風になれ
その奇跡を 描いて 想い溢れ出て すぐ君のもとへ
いますぐ風になれたら、あなたの元へ飛んで行けるのに。この気持ちも風化できたら楽なのにな。会いたいよ。


あの約束を囁いたこと 君はまだ覚えているの?
波がたぐり寄せた 理由なんて いらなかった
心が 触れ合った 瞬間を
あなたに恋したのも、ちょっとしたきっかけだったね。理由なんて分からない。
心と心が触れ合うように。不思議なほどに。夢中だよ。



海へと 連れさる 涙の跡は 
いくつもの 記憶 つないで
いつからだろうか?
君を想うたび 微笑みさえも 切なくて
何度、涙しただろう。どれだけ愛しくてたまらなかっただろう。あなたへの気持ちはいつしか、涙となって、海まで届いて。いつかあなたにも届くのかな。
あなたが笑っていれば、それでしあわせ。そう思ってた。でも、そんなの嘘で。
あなたの隣にはいつも綺麗なひと。その人に向ける特別なあなたのその笑顔。ほんとは苦しかったよ。


重なり合う日々に 記した 想いは 忘れないで
イタズラな未来に 変わりはしないさ
いま 君のもとへ
あなたと過ごした日々は、もちろん切ない思いもしたけど、それ以上に忘れたくない思い出ばかり。
あなたと結ばれるなんて、贅沢な未来はいらない。
ただ、一緒にいたいよ。


夢の中 君を 見た 触れたら 儚くて
月夜に… 会いに行くから
夢の中のあなたは、私に向けてだけ笑っていて。
触れると、一瞬で消えてしまう。
……夢でしか逢えないあなた。触れることも出来なくて。切なくて、苦しいのに。すきだよ。


親愛なる君へ 船を漕ぎ出して 風になれ
その奇跡を 描いて 想い溢れ出て すぐ君のもとへ
重なり合う日々に 記した 想いは 忘れないで
イタズラな未来に 変わりはしないさ
いま 君のもとへ
海で、考えてた。あなたのこと。想いは溢れるばかり。
結ばれたらなんてしあわせだろう。そう考えていた。だけど。あなたが笑ってくれていれば、私はそれでいい。溢れるばかりの愛を。静かな波のように、穏やかなのに、激しく私の気持ちを奪ってしまう君へ。愛してるよ。









お、重てえ。
おーい!そこの君、聞こえてるぞ。
なにポエマーぶってるんだよ。いや、ちがうねん!
夜中に綴ったから、テンションがね?!(本当は真昼間に書いたのはここだけの話だ)
この曲ほんっとすきで!!!!!!!!
普段私がどんな想いで聴いてるかただの独り言や。
気持ち悪いのはわかってる。でも、残したかった。


もう、イントロで酔うんだよね。ほんとに波みたいで。優しく、小波のユニゾンで始まったと思ったら、サビで大波が来て。

海へと 連れさる 涙の跡は 
いくつもの 記憶 つないで

いつからだろうか?
君を想うたび 微笑みさえも 切なくて
この櫻宮で大爆発。
歌詞が歌詞なだけに心に来るものはたくさんあるんだけど。
この曲で気付いた。やっぱり櫻井くんと二宮くんの組み合わせには世界一弱いと。この流れ、ほんとにしんどい。胸が痛くて痛くてたまらなくなる。特別な2人だから、特別な想いがあって。2人は私にとって“青春”そのものである。どこまでもピュアな気持ちで大好きだった。2人がいてくれたから、いまの私がいる。櫻井くんは言うまでもなく、私の大切なひとであって。二宮くんは、私の大好きな友達の大好きだったひとで。この2人には感謝しかない。2人を想って泣いたこともたくさんあったよね。でも、つらいとき、支えてくれたのはいつだってこの2人だった。受験のときも、頑張れたのは2人がいてくれたからだった。その笑顔が、輝いていてくれればしあわせだった。それなのに、あなたの微笑みがいつしかつらくなって。遠くなって。つらいよ。

だけど、あなたに会えれば、一瞬でそのつらさは消えてしまうんだ。あなたは波みたいに切なさもかき消しちゃうんだよ。たとえ、夢でも。目が覚めて虚しくなって。それでもまた砂浜にひとり、あなたのことを想っては、愛が溢れてくるんだよ。


明るく優しい曲調で、ここまで、想いにひたれるfull of love.